ドライアイの症状

ドライアイというのは一言でいってしまうと目の表面を被う涙の量が足りないために目が乾いている状態のことです。
ドライアイ研究室
ドライアイ研究室TOP | ドライアイの基礎知識 | ドライアイ治療&対策 | ドライアイ研究室

ドライアイ研究室 > ドライアイの基礎知識 > ドライアイの症状

ドライアイの症状

ドライアイというのは一言でいってしまうと目の表面を被う涙の量が足りないために目が乾いている状態のことです。

これは疲れ目の原因にもなる他、目が傷つきやすくなり、ひどい場合目の表面にある角膜に傷がつきとても目を開けていられないような状態にまで発展するので注意が必要です。

ドライアイの症状は、人によって感じ方はさまざまです。冬のドライアイ

一般的なものとしては、目の乾き・ごろごろした感じ・熱い感じ・充血・目の疲れなど。

冬場の乾燥や暖房により症状が悪化したりしますが、湿度の高い梅雨の時期になると調子がよくなります。

ドライアイの可能性チェック

ここで簡単なドライアイチェック♪

もしかしたら、ドライアイかも・・・?と思ったら以下の項目をチェック♪

  • 眼が疲れやすい
  • めやにが出る
  • 眼がごろごろする
  • 重たい感じがする
  • 眼が乾いた感じがする
  • 何となく眼に不快感がある
  • 眼が痛い
  • 涙が出る
  • ものがかすんで見える
  • 眼がかゆい
  • 光を見るとまぶしい
  • 眼が赤い

結果はどうでしょうか?

チェックが5つ以上ならドライアイの可能性があります。
さらに10秒以上眼を開けていられないようだとかなり可能性が高いので、「ドライアイ治療&対策」に上げた対策を日々心がけた方が良いかもしれませんね。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2006/10/25 Copyright (C) ドライアイ. All Rights Reserved